マックスマーラ 2022-23年秋冬コレクション – モダニストの“魔法”をかけて

マックスマーラ(Max Mara)の2022-23年秋冬コレクションが発表された。テーマは「Modernist Magic」。 歴史的に活躍した女性にしばしばオマージュを捧げてきたマックスマーラ。今季の着想源となったのは、建築家、ダンサー、テキスタイルデザイナー、画家、彫刻家として活躍したチューリッヒダダイズムの中心的人物、ゾフィー・トイバー=アルプだ。本コレクションでは、ごくありふれた日常的なものに“魔法”をかけ、神秘性を与える彼女のクリエイティブな才能を讃え、その魅力を衣服に落とし込んでいる。 シルエットは、トイバー=アルプが代表作「キングスタッグ」のためにデザインした“マリオネット”のフォルムを強く反映。ウエストから大きく膨らんだベルシルエットのフルレングススカートはマリオネットの着ている服を連想させ、スキニーなタートルネックやバラクラバとのコントラストを際立たせる。 ブーツとレギンスを組み合わせたような、クレープソールのニットキュイサールには、マリオネットの関節構造をイメージしたキルティングをオン。モヘアセーターにも同様に、袖部分にぽこぽことした模様をあしらった。 【関連記事】:グッチから“アップル&ハート”モチーフの新作

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s